JRの切符収集情報ライブラリー
[ホームページに戻る]   各社別発売状況クイックリンク: JR北海道 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本 | JR四国 | JR九州

ご案内
マルス券収集のすすめ

基礎知識
駅の窓口にある端末の機種紹介
チャレンジ2500駅
切符の用紙の移り変わり
乗車券・料金券などの様式

入場券について
入場券の収集
マルス端末での入場券発券方法
POS端末での入場券発券方法

JR各社の入場券・乗車券発売状況
JR北海道
JR東日本
JR東海
JR西日本
JR四国
JR九州
 


専門資料室
JR 連絡運輸 取扱会社線一覧表
JR 線路名称公告に関しての研究
JR全駅きっぷ収集チェックリスト
民鉄全駅きっぷ収集チェックリスト

リンク・その他
関連サイトへのリンク
謝辞・著作権など

           

- JR東日本の入場券・乗車券 -


発売駅情報 2017/5/10 改訂

概況

JR東日本は、駅業務の近代化・効率化の投資にも積極的な会社で、 駅収入管理システム(POS端末)の導入、自動改札化、イオカード、ICカード(Suica)と、 出改札関係の分野では、JRの中では、新技術を積極的に取り入れてきました。
また、マルスに関しても、他社と異なる様相があり、 MEX端末とよばれる東日本独自のマルス端末が広く利用されています。 みどりの窓口がない小さな駅でも、直営、委託のほぼ全駅に、POS端末 が導入されています。また、簡易委託駅においても、 POS端末の導入がすすんでおり、日常的に手売りで乗車券を発売している駅は、 東北北部や信越地方の小さな簡易委託駅などにしか残っておりません。

JR東日本では、自動改札区間での入場券を使った不正乗車防止を目的として、 1992(平成4)年4月1日より、入場券の有効期間を発売時刻から2時間制限を実施しました。 自動改札全盛の、今となっては、入場券の2時間制限というのは、私鉄も含め、 日本各地に定着していますが、当時としては、かなり画期的でした。 さらに、種々の要因もあって、非常に大きな駅を例外として、大部分の駅で、 入場券の自動券売機発売を停止し、窓口発売に切替えたということが特筆されます。
このような過去の経緯があるため、最近は、自動改札がない地方を中心に、 券売機での入場券発売を再開している駅が増えてはいますが、 JR東日本の各駅では、窓口で一言頼みさえすれば、すんなりとマルス端末発行の 入場券を発売してくれます。

このように、出改札関連では、 他JRより一歩進んでいる印象のあったJR東日本ですが、 2003(平成15)年度末より、大幅というか、かなり極端な窓口人員削減策を推進しています。 指定券自動券売機(MV30)導入にともなう 有人窓口の廃止・窓口数の削減・駅営業時間の大幅短縮は日常的な光景となり、 ターミナル駅の駅窓口は慢性的に混雑するようになりました。 また、平成17年春に青梅線駅にリモートマルス(もしもし券売機Kaeruくん) の試験導入が行なわれ、平成18年春に、各地に大量導入されました。 このリモートマルスは、オペレーターが遠隔で操作するマルスであるのに、 JRの切符ですら、何故か発売可能な券種に制限があるなど、数々の問題があります。 結局、平成24年春に、リモートマルスは全廃されましたが、 高崎支社や秋田支社では、主要駅や管理駅レベルにまでリモートマルスを初期導入した余波により、 みどりの窓口が全然ない空白地域が生じてしまいました。
このため、現在では、切符発売という面で、 JR6社の中で最低のサービス水準となってしまいました。 「お客様をお待たせない窓口サービス」とは正反対の、 「駅の係員がお客樣が来るのを待つ無駄が無いような(常に混雑した)サービス」 を目指しているようにすら思えるところです。 実際問題として、自動改札・指定券券売機を有効活用すれば、 有人窓口を廃止という (まるで国鉄時代の大阪局みたいな) 極端な施策をとらなくても、 例えば、出改兼務可能な時間帯などを中心に時間帯をうまく区切って窓口営業とか、 駅業務の大幅な委託化(分社化)・契約職員導入、 あるいは窓口営業時間に休止時間帯・日祝の休業などを設けるなどして、 人員削減・コスト削減しながらも顧客サービスを維持する工夫が可能なはずです。
 顧客の視点に立った施策というより、本社の営業担当部門の理想とする販売イメージを 無理やり押し付けているような感じの販売体制です。 一般の利用客は、鉄道のことばかり 考えているような本社営業スタッフや鉄道マニアなどと異なり、 鉄道に関する知識(時刻や切符制度)や販売機の操作方法に詳しい訳でもありません。 遠距離の鉄道利用客離れに繋がりかねない極端な施策には、 鉄道愛好家として非常に危惧を感じるところです。

(備考) 本サイトでは、鉄道駅の切符を取り扱っております。 このためJR東日本の直営バス区間となった気仙沼線(柳津-気仙沼間)と大船渡線(気仙沼-盛間) については、記載しておりません。


各駅の切符発売状況詳細

  • [1] マルス端末設置駅


    JR時刻表に掲載されている、「みどりの窓口」マーク表示のある駅のうち、 小諸駅を除いた全駅 で、マルス発行の入場券を発売してくれます。
    なお、小諸では改札業務が他私鉄に委託されているため、 JR入場券の発売をしていません。

    (注) MV端末導入で、みどりの窓口が廃止された駅については、後で記載の、 [3]自動券売機だけの有人駅 の項目を参照してください。

    (注1) 陸前落合駅は、橋上化にともない2005(H17)/3/28よりマルス端末が導入されました。
    (注2) 南気仙沼駅は、2011(H23)/3/11の震災後、駅舎損壊により窓口営業を休止していました。 その後、2012(H24)/12/22に気仙沼線被災区間がバス転換(BRT)され、鉄道線としての駅営業は終了しました。
    (注3) 陸前高田駅は、2011(H23)/3/11の震災後、駅舎損壊により窓口営業を休止していました。 また、盛駅は、2011(H23)/3/11の震災後、鉄道線の営業は休止していましたが、窓口のみ営業(入場券も発売)していました。 その後、2013(H25)/3/2に、大船渡線被災区間がバス転換(BRT)され、鉄道線としての駅営業は終了(入場券の発売も終了)しました。
    (注4) 前沢駅、花巻空港駅は、2014(H26)/10/1よりマルス端末が撤去されPOS端末に置き換えられました。
    (注5) 網代駅は、2015(H27)/3/8から無人化されました。
    (注6) 花泉駅、摺沢駅は、2015(H27)/5/19よりマルス端末が撤去されPOS端末に置き換えられました。
    (注7) 岩館駅は、2015(H27)/9/1よりマルス端末が撤去されPOS端末に置き換えられました。

    (注) 平成23年3月11日の東日本大震災の影響により、一部の被災区間については、 運転休止もしくは駅窓口営業休止となっていますので、ご注意ください。 なお、JRによるバス代行区間 (常磐線竜田-小高間、只見線)では、 列車の運転がなくても、旅客営業上は運転再開と同じ扱いとなっております。
    現在、窓口営業が休業中のみどりの窓口駅は、 常磐線 富岡、大野、浪江、山田線 陸中山田、大槌の各駅です。


    リモートマルスER端末について
    2005(H17)年3月25日より青梅線西立川等7駅ににリモートマルス(ER端末:もしもし券売機Kaeruくん) が導入されました。一見すると、指定券券売機みたいな機械でしたが、旅客が操作することはできず、 遠隔のオペレーションセンター係員を呼び出して、口頭で切符を注文する機械です。
    しかし、利用者からは非常に不評の機械であり、結局、初導入から7年後の2012(平成24)年春に、 老朽化を理由に機器の更新を行わず、廃止されました。

    リモートマルス導入の一番の問題は、接客サービスの大幅低下です。 応対(切符の授受・代金支払い等)に時間がかかることから、 結果的に利用者が非常に少ない駅にしか、導入できませんでした。 しかし、それらの駅では、その気になれば出改業務を一人で兼務できる程度の業務量ですので、 利用者から見ると、客に負担をかけて駅員がサボるための装置としか見えないことが、 イメージを悪くしています。
    また、混雑時には、順番がいつ回ってくるかわからないという点や、 客のほうはカメラで見られているのに、客からは出札担当駅員の顔・名前が見えないなど、 顧客サービスとして致命的な欠陥があります。 このため、機械と人手作業との悪い所をつなぎ合わせたような中途半端な販売機となってしまい、 むしろ、全て顧客操作となる指定券券売機のほうが、マシではないかと思えるほどで、 結局、短命に終わりました。

    ER端末が導入されていた駅 [導入期間]
    八王子支社
    15駅
    相模湖[2006(H18)/3/14-2012(H24)/2/8]、藤野[2006(H18)/3/14-2012(H24)/2/13]、 西立川[2005(H17)/3/25-2012(H24)/2/1]、東中神[2005(H17)/3/25-2012(H24)/2/15]、中神[2005(H17)/3/25-2012(H24)/2/22]、牛浜[2006(H18)/3/2-2012(H24)/2/6]、 福生[2005(H17)/3/25-2012(H24)/2/23]、羽村[2005(H17)/3/25-2012(H24)/2/21]、小作[2005(H17)/3/25-2012(H24)/2/27]、東青梅[2005(H17)/3/25-2012(H24)/1/26]、 東秋留[2006(H18)/3/27-2012(H24)/2/7]、秋川[2006(H18)/3/16-2012(H24)/2/20]、武蔵引田[2006(H18)/3/16-2012(H24)/2/2]、武蔵増戸[2006(H18)/3/16-2012(H24)/1/30]、 北八王子[2006(H18)/3/16-2012(H24)/2/14]
    高崎支社
    14駅
    群馬藤岡[2006(H18)/3/14-2012(H24)/2/14]、 北鴻巣[2006(H18)/3/24-2012(H24)/2/2]、行田[2006(H18)/3/9-2012(H24)/2/1]、岡部[2006(H18)/2/24-2012(H24)/2/2]、神保原[2006(H18)/2/23-2012(H24)/2/20]、 水上[2006(H18)/3/1-2012(H24)/2/27]、中之条[2006(H18)/3/7-2012(H24)/2/15]、長野原草津口[2006(H18)/3/5-2012(H24)/2/13]、万座・鹿沢口[2006(H18)/3/3-2012(H24)/2/8]、 栃木[2006(H18)/2/23-2012(H24)/2/22]、佐野[2006(H18)/2/24-2012(H24)/2/22]、足利[2006(H18)/3/28-2012(H24)/2/8]、 安中[2006(H18)/3/11-2012(H24)/2/6]、横川[2006(H18)/3/9-2012(H24)/2/9]
    水戸支社
    9駅
    高浜[2006(H18)/3/1-2012(H24)/2/14]、羽鳥[2006(H18)/3/3-2012(H24)/2/21]、内原[2006(H18)/3/8-2012(H24)/2/23]、 佐和[2006(H18)/3/5-2012(H24)/2/9]、十王[2006(H18)/3/17-2012(H24)/2/7]、勿来[2006(H18)/3/20-2012(H24)/1/26]、植田[2006(H18)/3/22-2012(H24)/2/2]、 常陸大宮[2006(H18)/3/7-2012(H24)/2/16]、笠間[2006(H18)/3/15-2012(H24)/2/27]
    千葉支社
    9駅
    横芝[2006(H18)/3/25-2012(H24)/3/8]、八日市場[2006(H18)/4/1-2012(H24)/3/7]、 袖ヶ浦[2007(H19)/3/25-2012(H24)/2/29]、巖根[2007(H19)/3/25-2012(H24)/2/23]、青堀[2006(H18)/3/25-2012(H24)/3/22]、大貫[2006(H18)/4/1-2012(H24)/3/12]、 布佐[2006(H18)/4/1-2012(H24)/2/27]、鹿島神宮[2006(H18)/4/1-2012(H24)/3/5]、東金[2006(H18)/4/1-2012(H24)/3/14]
    秋田支社
    9駅
    湯沢[2006(H18)/3/24-2012(H24)/2/21]、土崎[2006(H18)/3/30-2012(H24)/2/2]、追分[2006(H18)/3/30-2012(H24)/2/14]、八郎潟[2006(H18)/3/16-2012(H24)/2/10]、 鷹ノ巣[2006(H18)/3/18-2012(H24)/2/7]、男鹿[2006(H18)/3/16-2012(H24)/3/1]、 能代[2006(H18)/3/18-2012(H24)/2/23]、五所川原[2006(H18)/3/20-2012(H24)/2/17]、象潟[2006(H18)/3/24-2012(H24)/3/8]

    (注) 八王子支社では、各駅とも最終日の20時をもって、Kaeruくん(ER)での発売を終了しました。 なお、後継に指定券券売機(MV)が導入されたのは小作駅のみで、他の14駅は通常の多機能券売機のみ設置でしたが、 H27年初頭に、中神、福生、羽村、秋川駅にもMVが導入されました。
    (注)高崎支社では、後継に指定券券売機(MV)が導入されたのは、水上、中之条、長野原草津口、 万座・鹿沢口、栃木、佐野の6駅のみで、他の8駅は通常の多機能券売機のみが設置されました。
    (注)水戸支社では、後継に指定券券売機(MV)が導入されたは水戸以北の5駅のみで、 水戸以南の4駅は通常の多機能券売機のみが設置されました。
    (注)千葉支社では、後継に指定券券売機(MV)が導入されたのは、 直営駅と横芝駅のみで、袖ヶ浦、巌根、青堀、布佐の4駅は、 通常の多機能券売機のみ設置となりました。
    (注)秋田支社では、各駅とも後継に指定券券売機(MV)が導入されました。
    (注)湯沢駅のみどりの窓口は、2014(H26)/7/26に復活しました。
    (注)五所川原駅のみどりの窓口は、2015(H27)/10/1に復活しました。 (代替に、びゅうプラザ五所川原は閉鎖されました)
    (注)能代駅は、びゅうプラザのJR券窓口にマルス端末MEXが設置されており、JR券・入場券の購入が可能です。


    JR東日本のマルス端末種別について

    東京支社、大宮支社、横浜支社管内の駅では、基本的にはMR32端末が導入されています。
    MR32端末は、2007(平成19)年4月から2009(平成21)年3月の間に 東京支社、横浜支社、大宮支社の3支社において、一斉に導入され、 2009(平成21)年夏までに、端末更新が完了しました。
    (注)社線管轄の綾瀬には、MEX端末が2010(平成22)年秋に導入されました。


    上記のMR32が導入された3支社以外の支社においては、MEX型マルス端末が使われています。 MEX端末の外観は、前身のMEM端末と類似していますが、発券プリンタの形状が異なっており、 MR32端末と同様の感熱印刷方式となっております。
    MEX端末は、2008(平成20)年10月から2010(平成22)年12月の間に一斉に導入され、 これにともない、MEM端末は、2010(平成22)年限りで姿を消しました。


    指定券券売機(MV端末)について
    JR東日本の指定券券売機は、普通乗車券・普通回数券・定期券の発売や、 時刻検索からの購入、変更など、かなりメニューが豊富となっております。 一時期は、メニュー構成がかなり複雑で使いづらい感じもありましたが、 平成24年6月頃のメニュー改訂で、かなり体系的に整理されて、見やすくなった 感じがあります。メニューの構成も、以前は、支社毎にバラバラで、 同じ会社なのに地域が違うと使い勝手も全く異なるというような、 あまりユーザーのことを考えていない状況でしたが、近年では、かなり 統一性を持たせるようになっております。  ただ、仙台支社の一部の駅では、かなり昔のメニュー画面のままの駅も 残っており、操作方法に戸惑うこともあるため、改善の必要があるでしょう。
     ただ、初心者にも使いやすいシンプルな画面と、 窓口機能を代替させるための沢山の機能というのを両立させるのは、 必ずしも容易なものでもなく、まだ、いろいろと改善を試みる余地が あるものと思われます。
     入場券収集家にとっては、平成24年6月のメニュー改正は、 少し希望を持たせてくれるものです。  以前は、「入場券」ボタンは、トップ画面の一部に 置かれるメニュー体系であったため、トップ画面の ボタン数の制限のために、「入場券」ボタンを有効にすることは、 事実上、非常に難しい状況でした。  しかし、現行メニューでは、トップ画面右下にある 「乗車券・普通回数券・入場券・払い戻し」という項目類の メニューに入った後のサブボタンの1つにふくまれるようになりました。 このため、発売制限を解除さえすれば、ボタンが有効になり、 入場券の購入が可能となります。
     近年、窓口の廃止が相次いでいて、券売機で入場券を買えない駅すら 増えている状況ですので、「売れる切符は何でも売る」のJR初期の 初心に戻って、せめて窓口閉鎖駅では、可能な限り、機能制限を解除して いただきたいものです。
    指定券券売機で入場券の購入が可能である駅
    (指定券券売機設置駅につきましては、数が多いため記載を省略しました。 JR東日本のサイトを参照してください。)
    東京支社 東京、品川、上野、松戸
    大宮支社 大宮、小山、宇都宮
    水戸支社 藤代、佐貫、牛久、ひたち野うしく、荒川沖、土浦、神立、高浜、石岡、羽鳥、友部、内原、赤塚、 水戸、勝田、佐和、東海、大甕、常陸多賀、日立、十王、高萩、磯原、勿来、植田、泉、湯本、いわき、 原ノ町、相馬、常陸大宮、結城、下館
    仙台支社 新白河、郡山、福島、白石蔵王、仙台、あおば通、会津若松、米沢、赤湯、かみのやま温泉、山形、 天童、新庄、古川
    盛岡支社 一ノ関、水沢、水沢江刺、北上、花巻、新花巻、盛岡、いわて沼宮内、二戸、八戸、七戸十和田、新青森、青森、雫石、本八戸
    新潟支社 越後湯沢、長岡、燕三条、ガーラ湯沢、上越妙高
    長野支社 清里、野辺山、小海

    JR東日本のマルス端末入場券の例
    幹線・地方交通線区間(140円)の入場券の例


  • [2] POS端末設置駅


    JR東日本では、みどりの窓口がないような中小の駅員配置駅でも、 殆んどの駅にPOS端末が導入されています。 また、簡易委託駅にも、POS端末が導入される事例が多くみられます。


    JR東日本のPOS端末は、2010(平成22)年春〜秋の期間に、新型のPOS端末に更新されました。 新型POSも、旧型のPOSと同様に、液晶ディスプレイとキーボード操作のパソコンをベースとした端末ですが、 発券プリンタは、MEX端末と同種の感熱プリンタに切り替えられました。

    POS端末が設置されている駅の一覧
    (但し、マルス端末と一緒に設置されている駅はリストから除外)
    なお、東日本大震災により、以下の[ ]で囲まれた駅については、 窓口発売を現在休止しています。
    八王子支社 奥多摩
    高崎支社 児玉、川原湯温泉、富田、山前、岩宿、国定、北高崎、群馬八幡、松井田、西松井田
    水戸支社 草野、久ノ浜、広野、竜田、[夜ノ森]、[双葉]、新地、 瓜連、玉川村、山方宿、上小川、袋田、東館、磐城塙、磐城浅川、 羽黒、福原、稲田、宍戸
    千葉支社 榎戸、日向、松尾、干潟、松岸、 永田、新茂原、八積、太東、長者町、上総興津、安房天津、富浦、 那古船形、南三原、江見、太海、 滑河、下総神崎、笹川、下総松崎、新木、 横田、馬来田、求名
    仙台支社 鏡石、安達、松川、南福島、東福島、伊達、桑折、館腰、 品井沼、松山町、田尻、新田、坂元、浜吉田、東照宮、北山、作並、 榴ヶ岡、苦竹、福田町、下馬、東塩釜、高城町、野蒜、 陸前小野、陸前赤井、蛇田、陸前山下、 涌谷、前谷地、渡波、女川、陸前豊里、柳津、 神俣、菅谷、磐梯町、塩川、 西若松、会津宮下、会津川口、只見、蔵王、芦沢、舟形、真室川、 羽前小松、羽前山辺、羽前長崎、 岩出山、鳴子御殿湯、古口、狩川
    盛岡支社 花泉、前沢、金ヶ崎、花巻空港、摺沢、藤根、大釜、小岩井、 上米内、[区界]、川内、茂市、[津軽石]、湯瀬温泉、陸奥横浜、油川、三厩
    秋田支社 相野々、羽後長野、横堀、飯詰、神宮寺、刈和野、峰吉川、羽後境、和田、大久保、羽後飯塚、 井川さくら、鹿渡、森岳、早口、碇ヶ関、大鰐温泉、北常盤、二田、 船越、向能代、あきた白神、岩館、陸奥森田、木造、陸奥鶴田、 遊佐、金浦、仁賀保、西目、羽後岩谷、羽後亀田、岩城みなと
    新潟支社 塩沢、山都、荻野、野沢、上野尻、北五泉、羽前椿、越後下関、 藤島、佐々木、早通、潟町、安田、津南、寺泊、青山、北三条
    長野支社 小野、甲斐大泉、信濃川上、八千穂、羽黒下、田沢、西条、坂北、冠着、稲荷山、 北松本、梓橋、一日市場、中萱、南豊科、柏矢町、有明、安曇追分、神城、 安茂里、信濃浅野、替佐、森宮野原

    凡例:
    • (注1)以下の各駅は、無人化等により、現在ではPOS端末での切符発売は中止されています。
      東根駅は、2002(H14)/4/1に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      小野上駅は、2003(H15)/2/1に無人化(直営駅→無人駅)されました。
      高屋駅は、2003(H15)/3/29に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      越後岩塚、扇田の各駅は、2003(H15)/4/1に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      思川、大平下、岩舟、小俣の各駅は、2003(H15)/12/1に無人化(直営駅→無人駅)されました。
      津谷、釜淵、大滝、及位の各駅は、2004(H16)/3/31に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      羽立、鼠ヶ関の各駅は、2004(H16)/4/1に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      敷島、岩本の各駅は、2004(H16)/5/1に無人化(直営駅→無人駅)されました。
      侍浜駅は、2004(H16)/10/16に無人化(直営駅→無人駅)されました。
      西塩釜、鵜住居の各駅は、2005(H17)/3/1に無人化(直営駅→無人駅)されました。
      陸前山王、鹿又、西古川、漆山の各駅は、2005(H17)/4/1に無人化(委託駅→無人駅)されました。
      陸奥岩崎駅は、2005(H17)/4/1に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      小中野、白銀、階上、陸中八木の各駅は、2005(H17)/12/10に無人化(直営駅→無人駅)されました。
      神町駅は、2006(H18)/4/1に無人化(委託駅→無人駅)されました。
      三川駅は、18年夏以後、簡易委託発売が休止され、2007(H19)/4に無人化(簡易委託解除)されました。
      磐城常葉駅は、2007(H19)/3/1に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      西金駅は、2007(H19)/3/18に無人化(直営駅→無人駅)されました。
      羽前豊里駅は、2007(H19)/3/31に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      押切、岩室の各駅は、2007(H19)/4/1に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      上牧駅は、2007(H19)/6/1に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      蒲須坂、黒田原、的場、笠幡の各駅は、2008(H20)/2/1から窓口発売を中止しました。
      下野大沢駅は、2008(H20)/3/15から窓口発売を中止しました。
      羽前高松、吹浦の各駅は、2008(H20)/4/1に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      大白川駅は、2009(H21)/4/1に無人化(直営駅→無人駅)されたました。
      下菅谷駅は、2010(H22)/4/1に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      越後須原、入広瀬の各駅は、2010(H22)/4/1に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      脇本、北金ヶ沢の各駅は、2011(H23)/4/1に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      仁井田駅は、2011(H23)/6/1に社員派遣配置が中止され無人化(直営駅→無人駅)されました。
      竹沢駅、丹荘駅は、2012(H24)/3/17に無人化(直営駅→無人駅)されました。
      上総亀山駅は、2012(H24)/3/17に無人化(直営駅→無人駅)されました。
      羽前大山駅は、2013(H25)/4/1に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      明覚駅は、2013(H25)/11/1に無人化(直営駅→無人駅)されました。
      砂越駅は、2014(H26)/4/1に無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      五日町駅は、2014(H26)/7/1より無人化(委託駅→無人駅)されました。
      六原駅、村崎野駅、古館駅、土沢駅は、2014(H26)/10/1よりPOS窓口が廃止され、 券売機での近距離権の発売だけに営業体制が変更されました。
      前沢駅、花巻空港駅は、2014(H26)/10/1より、みどりの窓口が廃止され、窓口にPOS端末が導入されました。
      川崎新町、宮山、社家、相武台下、下溝の各駅は、2014(H26)/12/27から窓口発売を中止しました。
      勝沼ぶどう郷駅は、2015(H27)/3/24から窓口発売を中止しました。
      初狩駅、甲斐大和駅は、2015(H27)/4/1から無人化(委託駅→無人駅)されました。
      塚山駅は、2015(H27)/6/1より無人化(委託駅→無人駅)されました。
      花泉駅、摺沢駅は、2015(H27)/5/19より、みどりの窓口が廃止され、窓口にPOS端末が導入されました。
      岩館駅は、2015(H27)/9/1より、みどりの窓口が廃止され、窓口にPOS端末が導入されました。
      倉見駅は、2016(H28)/2/13から窓口発売を中止しました。
      原当麻駅、番田駅は、2016(H28)/3/5から窓口発売を中止しました。
      日野春駅は、2016(H28)/3/16から窓口発売を中止しました。
      御嶽駅は、2016(H28)/3/30をもって窓口発売を終了し、2016(H28)/4/1から無人化(委託駅→無人駅)されました。
      大越駅、最上駅は、2016(H28)/4/1から無人化(委託駅→無人駅)されました。
      小宮駅、金子駅は、2016(H28)/4/16から窓口発売を中止しました。
      鹿島駅は、2016(H28)/7/12より無人化(委託駅→無人駅)されました。
      信濃境駅は、2017(H29)/3/1より無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      鵜原駅、和田浦駅、下総橘駅は、2017(H29)/4/1より無人化(簡易委託発売廃止)されました。
      群馬原町駅は、2017(H29)/4/1より無人化(委託駅→無人駅)されました。


    • (注2)二俣尾、古里、鳩ノ巣の各駅は、2003(H15)/4/1より無人化され、 窓口(POS端末)での切符発売は中止されました。 2003(H15)/4/1より、二俣尾、古里、鳩ノ巣の各駅及び従前より無人駅だった日向和田の4駅は、 簡易委託として集改札業務のみ実施(切符は自動券売機扱い)していましたが、 2016(H28)/4/1より無人化(集改札業務中止)されました。 なお、古里、鳩ノ巣駅の券売機は2017(H29)/1に撤去されています。
    • (注3) 越後中里駅は、1993(平成5)年頃に無人化された後も、 冬期のスキーシーズンのみ駅員が配置され、 窓口にはPOS端末も設置されていました。 この冬期臨時発売は、2007(平成19)年度(2008年3月)まで継続しておりましたが、 2008(平成20)年度シーズンより駅員配置が中止され、現在ではPOS端末も撤去されました。
    • (注4)近年では、以下の各駅にPOS端末が新規導入されています。
      田沢駅は、2003(H15)/1/1にPOS端末が導入されました。
      森宮野原駅は、2004(H16)/12/1にPOS端末が導入されました。
      神城駅は、2005(H17)/4/1にPOS端末が導入されました。
      西条駅は、2006(H18)/2/1にPOS端末が導入されました。
      柏矢町駅は、2006(H18)/3/1にPOS端末が導入されました。
      梓橋駅は、2006(H18)/7/1にPOS端末が導入されました。
      中萱駅は、2006(H18)/8/1にPOS端末が導入されました。
      稲荷山駅は、2006(H18)/10/1にPOS端末が導入されました。
      坂北駅は、2006(H18)/12/1にPOS端末が導入されました。
      安曇追分駅は、2007(H19)/2/1にPOS端末が導入されました。
      金浦駅は、2007(H19)/4/23にPOS端末が導入されました。
      峰吉川駅は、2009(H21)/4/1にPOS端末が導入されました。
      替佐駅は、2015(H27)/3/1にPOS端末が導入されました。
      信濃浅野駅は、2015(H27)/3/14にPOS端末が導入されました。
      羽後長野駅は、2015(H27)/10/1にPOS端末が導入されました。
      信濃境駅、小野駅、冠着駅、有明駅は、2016(H28)/4/1にPOS端末が導入されました。

    • (注5) 平成22年における東日本の各地のPOS端末更新は、以下のスケジュールで実施されました。
      (横浜支社) 2010(H22)/3頃更新完了
      (大宮支社) 2010(H22)/2頃更新完了
      (八王子支社) 2010(H22)/4頃更新完了
      (高崎支社) 2010(H22)/6中旬頃更新完了
      (水戸支社) 2010(H22)/5中旬頃更新完了
      (千葉支社) 2010(H22)/5下旬頃更新完了
      (仙台支社) 2010(H22)/9上旬頃更新完了
      (盛岡支社) 2010(H22)/7下旬頃更新完了(2010(H22)/12/4に青い森鉄道に移管の下田、上北町、乙供の3駅も含めて更新)
      (秋田支社) 2010(H22)/8頃更新完了
      (新潟支社) 2010(H22)/7中旬頃更新完了
      (長野支社) 2010(H22)/6下旬及び2010(H22)/9頃で更新完了
    • (注6)気仙沼線本吉駅は、2011(H23)/3/11の震災後、簡易委託の取り扱いを終了し、 2012(H24)/12/21までの間は、週2回(水・日の午後)に、気仙沼駅から社員が派遣され、 乗車券類の発売をしていました。 志津川、歌津駅は、2011(H23)/3/11の震災後は、駅舎損壊により駅での切符発売を中止していました。
      2012(H24)/8/20-12/21の期間は、被災区間は鉄道代行バスの扱いのため、旅客営業上は、鉄道線扱いでしたが、 2012(H24)/12/22から正式にバス転換(BRT)され、鉄道駅としての志津川、歌津、本吉の各駅の営業は 同日より終了しました。
    • (注7)大船渡線気仙沼-盛間は、2013(H25)/3/2にBRT化されました。小友、大船渡駅は、2011(H23)/3/11の震災後に発売停止のまま、 鉄道駅としての営業が同日より終了しました。
    • (注8)木戸駅は、2011(H23)/3/11の震災前までは簡易委託駅でPOS端末が設置されていましたが、 2014(H26)/6/1の運転再開後は無人駅となっています。 また、竜田駅も、2011(H23)/3/11の震災前までは簡易委託駅でしたが、2014(H26)/6/1の竜田駅までの運転再開後は、委託駅となっています。
    • (注9)二本木駅、脇野田駅は、2015(H27)/3/14に第3セクターに転換されました。
    • (注10)区界駅は、山田線災害運休にともない2016(H28)/10/1より、窓口発売は休止しています。

    現在では、上記のPOS端末設置駅の殆どの駅で、入場券購入が可能となっています。 収集家関係者の努力と支社・管理駅長の理解のおかげで、 簡易委託駅における入場券不売駅も、当初に比べると激減していきました。 ただ、支社・管理駅の担当者が交代したりすると、入場券発売の事情・経過について、 次期担当者にきちんと引き継がれないこともありえます。 また、ごく近年に新規にPOSが導入された駅の場合も、白紙からのスタートとなります。 このような場合、入場券発売に関しては、 また一から交渉のやり直しになることも、ありえますからご注意下さい。

    なお、盛岡支社管内の一部の簡易委託駅においては、平成14年以降、 入場券の発売をしてくれなくなりました。 平成12年秋の時点では支社から発売許可があっただけに、大変残念なことであり、 支社の理解を再度得られるよう、 収集家のみなさんの意見・要望を継続的に出していく必要があると思われます。

    (注) 明科管理駅管内の西条と坂北につきましては、平成23年12月より入場券の購入が可能となりました。 (但し、現在では、再度発売中止されているという報告例もありますので、最新情報については、 各自お確かめください。)



    POS券の種別について

    POS端末では、マルスと同様の、光反射塗料のJRマーク付き青色用紙(磁気券)を 用いています。

    JR東日本のPOS端末で発行した切符の例

    以下には、POS端末で発売した入場券・乗車券の例を示します。
    入場券の例 乗車券の例

    このように、現行のPOS端末の切符の様式は、 マルス券の表示様式に類似させてあることがわかります。



  • [3] 窓口営業をせずに集改札だけを実施している駅


    以下の各駅では、集改札業務は行っていますが、 切符発売は自動券売機での取扱いとなっており、窓口での切符発売はありません。 なお、駅名を括弧でくくった駅においては、入場券の発売は無く、 乗車券のみの発売です。

    2004年以降、窓口を廃止する施策がすすめられた結果、旅客の利便性が大幅に低下しています。 特に、地方の列車本数が必ずしも多くない地区まで、画一的に利用者数だけ見て、 窓口廃止しているのは、「ノルマ達成の役所・大企業病的な施策」と言われても、 仕方ないでしょう。JR他社では、地方の小駅では、出札と改札業務を兼務するのは、 当たり前のように行われているのですが、JR東日本の場合、 本社のある東京山手線内での営業体制の発想を、 そのまま地方の支社にまで押しつけていることに、大きな問題があります。

    東京支社 西大井、(原宿)、新大久保、目白、駒込、(板橋)、十条、南流山、信濃町、千駄ヶ谷、代々木、(東中野)、大久保、 (鴬谷)、西日暮里、田端、(上中里)、東十条、尾久、北赤羽、(浮間舟渡)、 三河島、南千住、亀有、北松戸、馬橋、北小金、南柏、北柏、天王台、 (新日本橋)、馬喰町、(八丁堀)、(越中島)
    横浜支社 新子安、鴨宮、早川、(川崎新町)、矢向、平間、向河原、武蔵新城、津田山、久地、宿河原、中野島、稲田堤、新横浜、十日市場、矢部、 山手、洋光台、東逗子、田浦、衣笠、北茅ヶ崎、(香川)、原当麻、上溝、南橋本
    八王子支社 矢野口、南多摩、西府、谷保、矢川、(西国立)、(北府中)、新小平、相原、片倉、 相模湖、藤野、四方津、猿橋、勝沼ぶどう郷、山梨市、酒折、塩崎、日野春、 西立川、東中神、中神、昭島、牛浜、福生、羽村、小作、東青梅、 東秋留、秋川、武蔵引田、武蔵増戸、北八王子、(小宮)、箱根ヶ崎、金子、東飯能
    大宮支社 西浦和、越谷レイクタウン、吉川、吉川美南、新三郷、三郷、与野、土呂、白岡、新白岡、東鷲宮、野木、間々田、 自治医大、石橋、雀宮、岡本、氏家、蒲須坂、片岡、矢板、野崎、西那須野、黒田原、戸田、北戸田、中浦和、南与野、与野本町、北与野、 日進、西大宮、指扇、南古谷、西川越、的場、笠幡、武蔵高萩、 鶴田、鹿沼、下野大沢、今市、烏山
    高崎支社 群馬藤岡、北上尾、北鴻巣、行田、岡部、神保原、八木原、水上、中之条、長野原草津口、 栃木、佐野、足利、安中、横川
    水戸支社 高浜、羽鳥、内原、佐和、十王、勿来、植田、小高、常陸大宮、笠間
    千葉支社 東松戸、(市川大野)、船橋法典、(平井)、(下総中山)、東船橋、幕張本郷、幕張、新検見川、西千葉、 (東千葉)、物井、横芝、八日市場、 (潮見)、 (葛西臨海公園)、市川塩浜、二俣新町、南船橋、新習志野、検見川浜、(千葉みなと)、 (本千葉)、誉田、土気、本納、浜野、八幡宿、長浦、袖ヶ浦、巖根、青堀、大貫、佐貫町、(安房勝山)、千倉、 小林、布佐、(潮来)、鹿島神宮、東金
    仙台支社 陸前山王、西塩釜
    盛岡支社 六原、村崎野、古館、土沢
    秋田支社 十文字、土崎、追分、八郎潟、鷹ノ巣、男鹿、能代、象潟
    新潟支社 東新潟、大形、さつき野、越後石山、新潟大学前
    長野支社 明科、穂高

    (注) 鶯谷駅は2004(H16)/2/29から、みどりの窓口が廃止されました。 窓口廃止後の、2004(H16)年2月から2007(H19)年3月まで、約3年間ほどは、 MV30端末にて、鶯谷駅のマルス入場券が購入可能でした。 しかし、2007(H19)/3/18より、MV端末の入場券ボタンが削除された影響で、 現在では、鶯谷駅のマルス入場券の購入は不可となってしまいました。
    (注) 上中里駅・東十条駅は2005(H17)/3/5から、大久保駅は2005(H17)/3/14から、 三河島駅は2005(H17)/11/21から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 新子安駅は2006(H18)/3/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 馬橋駅は2006(H18)/5/25から、北松戸駅・北柏駅は2006(H18)/5/28から、天王台駅は2006(H18)/6/2から、 みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 新横浜駅(JR東日本:篠原口)は2007(H19)/3/6から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 野木駅・間々田駅は2007(H19)/3/10から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 千駄ヶ谷駅・北赤羽駅・浮間舟渡駅は2007(H19)/3/10から、西大井駅は2007(H19)/3/13から、 みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 早川駅・矢向駅・平間駅・向河原駅・津田山駅・宿河原駅・中野島駅・北茅ヶ崎駅・来宮駅・伊豆多賀駅は、 2007(H19)/6/23から、みどりの窓口が廃止されました。 (上記のうち、早川、津田山、北茅ヶ崎、来宮、伊豆多賀の5駅は、 指定券券売機すら導入せずに、出札窓口を全廃するという、非常に極端な施策となっています。)
    また、東逗子駅・田浦駅・宇佐美駅は、2007(H19)/6/30から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 尾久駅・越中島駅は、2007(H19)/8/21から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 新三郷駅・土呂駅・戸田駅・北戸田駅・中浦和駅・南与野駅・北与野駅・日進駅・指扇駅は、 2007(H19)/11/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 片岡駅・武蔵高萩駅は、2008(H20)/2/1から、みどりの窓口が廃止されました。 (片岡駅は、指定券券売機すら導入せずに、出札窓口を全廃するという、非常に極端な施策となっています。)
    (注) 蒲須坂駅・黒田原駅・的場駅・笠幡駅は、2008(H20)/2/1から、(POS)窓口が廃止されました。
    (注) 信濃町駅は、2008(H20)/2/21から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 西浦和駅・新白岡駅・岡本駅・野崎駅・南古谷駅・鶴田駅・大金駅は、 2008(H20)/3/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 下野大沢駅は、2008(H20)/3/15から、(POS)窓口が廃止されました。
    (注) 新大久保駅は、2009(H21)/1/24から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 四方津駅・鳥沢駅・猿橋駅・南多摩駅・北府中駅は、2009(H21)/6/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 北小金駅は、2009(H21)/8/20から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 新潟大学前駅は、2010(H22)/2/10から、越後石山駅は、2010(H22)/2/26から、東新潟駅は、2010(H22)/3/8から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 谷保駅・西国立駅・相原駅・片倉駅・箱根ヶ崎駅は、2010(H22)/3/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 新日本橋駅・馬喰町駅・八丁堀駅は、2010(H22)/11/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 矢川駅は、2011(H23)/3/21から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 南千住駅は、2011(H23)/9/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 十条駅・東中野駅は、2011(H23)/11/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 南流山駅は、2012(H24)/1/22から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 24年1月〜3月に、ER端末(もしもし券売機)が廃止されました。ER端末の導入期間等につきましては、 マルス端末の項の記載しました。 なお、高崎支社の群馬藤岡駅では、通常時は自動券売機の入場券ボタンの設定はOFFにされていますが、 収集目的で購入希望の場合には、係員に申告することにより、その場で自動券売機の入場券ボタンを一時的にONにして、 入場券の発売を行っています。
    (注) 十日市場駅・南橋本駅は、2012(H24)/3/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 市川大野駅は、2012(H24)/3/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 吉川駅は、2012(H24)/6/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 新小平駅は、2012(H24)/7/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 幕張駅は、2013(H25)/2/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 下総中山駅は、2013(H25)/2/5から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 西千葉駅は、2013(H25)/2/7から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 八幡宿駅は、2013(H25)/2/13から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 土気駅は、2013(H25)/2/15から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 検見川浜駅は、2013(H25)/2/19から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 東船橋駅は、2013(H25)/2/21から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 平井駅は、2013(H25)/2/26から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 山手駅は、2013(H25)/3/24から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 三郷駅・与野駅・自治医大駅・西那須野駅は、2013(H25)/4/24から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 烏山駅は、2013(H25)/8/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 大金駅は、2013(H25)/8/1より無人化(直営駅→無人駅)され、自動券売機での切符発売も終了しました。
    (大金駅の窓口営業は、2008(H20)/3/1に中止されており、無人化直前の時点では近距離自動券売機のみで、 近距離乗車券・入場券などの発売を行っていました。)
    (注) 駒込駅・西日暮里駅は、2013(H25)/12/15から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 矢部駅は、2014(H26)/2/23から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 長浦駅は、2014(H26)/2/23から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 鹿沼駅・今市駅は、2014(H26)/3/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 東松戸駅・物井駅・潮見駅・葛西臨海公園駅・市川塩浜駅・二俣本町駅・南船橋駅・千葉みなと駅・ 誉田駅・本納駅は、2014(H26)/4/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 足利駅は、ER端末導入時(2006(H18)/3/28)より、みどりの窓口は廃止されていましたが、 駅内にある「びゅうプラザ足利」にて、マルス入場券の購入が可能でした。 しかし、2014(H26)/4/1に、びゅうプラザ足利が閉店となり、窓口端末券の購入はできなくなりました。
    (注) 武蔵新城駅は、2014(H26)/5/9から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 鴨宮駅は、2014(H26)/5/31から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 十文字駅は、2014(H26)/7/26から、みどりの窓口が廃止され、 代わりに湯沢駅のみどりの窓口が2014(H26)/7/26より復活しました。
    (注) 小林駅は、2014(H26)/9/16から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 六原駅、村崎野駅、古館駅、土沢駅は、2014(H26)/10/1から、窓口(POS端末使用)が廃止されました。
    (注) 目白駅、代々木駅は、2014(H26)/11/15から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 田端駅、南柏駅は、2014(H26)/11/17から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 北上尾駅は、2014(H26)/12/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 川崎新町駅・宮山駅・社家駅・相武台下駅・下溝駅は、2014(H26)/12/27から、(POS)窓口が廃止されました。
    (注) 稲田堤駅は、2015(H27)/1/31から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 衣笠駅は、2015(H27)/2/14から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 来宮駅、伊豆多賀駅、宇佐美駅は、2015(H27)/3/8から、無人化されました。 (来宮、伊豆多賀、網代、宇佐美の各駅は2015(H27)/3/8より遠隔制御システムの 自動券売機・自動精算機・ICカード簡易改札機は稼動していますが、 現在のところ磁気券用の自動改札機は設置されていないままとなっております。)
    (注) 勝沼ぶどう郷駅は、2015(H27)/3/24から、(POS)窓口が廃止されました。
    (注) 熊川駅は、2015(H27)/4/1から、無人化されました。
    (注) 与野本町駅は、2015(H27)/4/11から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 石橋駅は、2015(H27)/5/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 鳥沢駅は、2015(H27)/12/1から、無人化されました。
    (注) 久地駅、洋光台駅は、2016(H28)/1/30から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 香川駅は、2016(H28)/2/13から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 倉見駅は、2016(H28)/2/13から、(POS)窓口が廃止されました。
    (注) 雀宮駅、氏家駅、矢板駅は、2016(H28)/2/20から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 東鷲宮駅は、2016(H28)/2/21から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 宮山駅、倉見駅は、2016(H28)/2/21から、無人化されました。
    (注) 東飯能駅は、2016(H28)/3/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 本千葉駅、千倉駅は、2016(H28)/3/2から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 上溝駅は、2016(H28)/3/5から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 原当麻駅、番田駅は、2016(H28)/3/5から、(POS)窓口が廃止されました。
    (注) 船橋法典駅は、2016(H28)/3/8から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 昭島駅は、2016(H28)/3/9から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 新習志野駅は、2016(H28)/3/10から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 浜野駅は、2016(H28)/3/12から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 門沢橋駅、社家駅、相武台下駅、下溝駅、番田駅は、2016(H28)/3/13から、無人化されました。
    (注) 日野春駅は、2016(H28)/3/16から、(POS)窓口が廃止されました。
    (注) 白岡駅は、2016(H28)/3/21から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 日向和田駅、二俣尾駅、古里駅、鳩ノ巣駅は、2016(H28)/4/1から、無人化(簡易委託による集改札業務の中止)されました。
    (注) 小宮駅、金子駅は、2016(H28)/4/16から、(POS)窓口が廃止されました。
    (注) 明科駅は、2016(H28)/5/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 板橋駅は、2016(H28)/7/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 小高駅は、2011(H23)/3/11の東日本大震災後より、長らく営業休止していましたが、常磐線の部分復旧にともない、 2016(H28)/7/12より営業が再開されました。ただし、現在のところ、みどりの窓口は再開されない模様です。
    (注) 矢野口駅は、2016(H28)/10/31から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 亀有駅は、2017(H29)/1/23から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 原宿駅は、2017(H29)/2/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 山梨市駅、酒折駅は、2017(H29)/3/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 幕張本郷駅、新検見川駅は、2017(H29)/3/1から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 長坂駅は、2017(H29)/3/4から、みどりの窓口が廃止された後、2017(H29)/4/1より無人化される模様です。
    (注) 佐貫町駅、潮来駅は、2017(H29)/3/7から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 安房勝山駅は、2017(H29)/3/9から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 万座・鹿沢口駅は、2017(H29)/4/1から、無人化されました。
    (注) 穂高駅は、2017(H29)/4/20から、みどりの窓口が廃止されました。
    (注) 八木原駅は、2017(H29)/5/1から、みどりの窓口が廃止されました。


    (注) 大形、さつき野の各駅は、2005(H17)/3/1より(無人駅から)委託駅となり、 駅に発券機のついたPOS端末は設置されています。 しかし、POSは集計専用としていて窓口発売を行なっておりません。(切符は自動券売機のみでの発売)
    (注) 西塩釜、陸前山王の各駅には、自動改札による集改札を実施していますが、 無人化により出札窓口は廃止されています。(西塩釜は、朝の限られた時間帯のみ改札係員配置)
    (注) 宇佐美駅、大貫駅には、窓口廃止後にMVが導入されていましたが、2014(H26)年に撤去されました。 田浦駅には、窓口廃止後にMVが導入されていましたが、2015(H27)/2/21に撤去されました。 横芝駅には、みどりの窓口廃止後にMVが導入されていましたが、2016(H28)/2/15に撤去されました。
    万座・鹿沢口駅には、みどりの窓口廃止後にMVが導入されていましたが、2017(H29)/4/1に無人化にともない撤去されました。



  • [4] 私鉄への委託駅


    以下の駅は、駅員配置駅扱いですが、駅業務が私鉄に委託されている関係上、 JRの入場券は発売していません。 ただし、綾瀬駅を除き、私鉄各社の入場券は発売しています。
    東京支社綾瀬
    横浜支社八丁畷
    高崎支社小川町、寄居
    盛岡支社好摩、野辺地
    長野支社小諸、豊野

     分倍河原駅は、京王電鉄に委託されていますが、平成12年3月より、 JR線と京王線の改札口が分離されたために、 JRの入場券はJRのタッチパネル型自動券売機で発売するようになりました。 しかし、京王の定期券売場には、JRの出札端末はなく、 遠距離の補充券しか発売していないため、端末発行の入場券はありません。

     厚木駅は、小田急電鉄に委託されていますが、2014(H26)年2月15日より、 JR線ホームへの乗換改札が設置され、小田急線の切符だけではJR相模線ホームに 入れないようになり、券売機にてJR用の入場券が発売されています。 (なお、2016(H28)/3/16より、JRのタッチパネル型自動券売機が撤去されたため、現在では 小田急の券売機による発売に切り替わりました。)

     直江津駅は、信越本線長野-直江津間の第3セクター転換にともない、 2015(H27)年3月14日より、えちごトキめき鉄道に委託となりました。 委託後も、JR券の取り扱いはJR時代と同様の扱いとなっており、 マルス端末・指定券券売機ともに継続して設置されて、 JR時刻表上でも、みどりの窓口設置駅扱いとされています。 入場券や直江津→上越妙高のような社線単独の乗車券 についても、マルス設置の窓口でも発行が可能です。 遠距離客が、みどりの窓口のほうに並んでいる状況をみますと、 旅客の利便性を考えた措置がとられています。

    小諸駅には、以前の「びゅうプラザ小諸」の跡地に、JRの窓口が設置され、 MEX端末が設置してあります。このため、JR時刻表の索引地図では、 みどりの窓口マークが付加されるようになりました。 窓口設置の当初は、実使用しない趣味目的での入場券購入は可能でしたが、 2003(H15)年6月以降、小諸は、しなの鉄道管理駅という理由により、 JR入場券の発売は中止されてしまいましたので、ご注意下さい。 なお、しなの鉄道の窓口端末発行の入場券は購入可能です。

    豊野駅は、信越本線長野-直江津間の第3セクター転換にともない、 2015(H27)年3月14日より、しなの鉄道に委託となりました。 JR乗車券はMEX端末によりマルス券での購入が可能ですが、 JRの入場券は発売していません。 なお、しなの鉄道の窓口端末発行の入場券は購入可能です。

    綾瀬駅には、MEX 端末が1台導入されていますが、現在、 入場券の発売はしてくれません。
    なお、綾瀬から亀有までのマルス乗車券は購入可能です。(綾瀬→北千住は不可)
    ちなみに、綾瀬駅は、千代田線開業当初から営団地下鉄に委託されていて、 1992(H4)年4月までは、JRの入場券を発売していました。
    基本的に、共同使用駅で、出改札業務すべてを私鉄に委託している場合、 一般的には入場料金収入は会社線側の収入と定められているため、 JR(国鉄)の入場券は発売していません。 しかし地下鉄線に入場券制度が存在しない特殊事情により、例外的な取決めとして、 国鉄・JR初期において、綾瀬駅と姪浜駅においてJR(国鉄)入場券を発売しており、 JR(国鉄)側の収入となっていました。 しかし、綾瀬駅の場合、平成4年の入場券の券売機発売停止の際に、 硬券入場券は前年に設備廃止されていたことと、 当時、窓口には入場券を発売できない L型端末しかなかったことが影響して、 そのまま、入場券を発売しないという状況が定着してしまった模様です。)

    花輪線好摩駅は、東北本線盛岡-八戸間の第3セクター転換にともない、 2002(H14)/12/1より、IGRいわて銀河鉄道に委託となり、JRの入場券はありません。 なお、IGRいわて銀河鉄道の硬券入場券もしくは窓口端末発行の入場券は購入可能です。
    大湊線野辺地駅は、東北本線八戸-青森間の第3セクター転換にともない、 2010(H22)/12/4より、青い森鉄道に委託となり、JRの入場券はありません。 なお、青い森鉄道の窓口端末発行の入場券は購入可能です。


POS端末が導入されていない簡易委託駅の切符発売状況
JR東日本の簡易委託駅には、近年POS端末が導入されてきていますが、 端末がないような小さな簡易委託駅では、 軟式の手売り券で切符の発売を行っています。 盛岡支社、長野支社などに、わずかながら残存しています。 ただし、平成16年度以降、 地方支社における自動改札の導入の進展にともない、 POS端末の導入、駅の利用客減や無人駅用自動券売機導入による委託販売の廃止などが 相次いでおり、近年、発売駅が大幅に減少しつつあります。


以下に切符の例を示します。
乗車券の例
金額式の切符
一般式の切符


手売りの常備軟券を発売している駅
千葉支社 鹿島サッカースタジアム
盛岡支社 陸中川井
長野支社 信濃白鳥、平滝、横倉

(注)駅名の下に下線が引いてある駅は、駅前の商店などでの発売です。 駅の中では発売していません。
(注)大戸瀬の簡易委託発売は、2002(H14)/5/1に中止されました。
(注)米山の簡易委託発売は、2002(H14)/10/1に中止されました。
(注)平館の簡易委託発売は、2002(H14)/12/1に中止されました。
(注)岩沢の簡易委託発売は、2003(H15)/4/1に中止されました。
(注)今別の簡易委託発売は、2003(H15)/6/1に中止されました。
(注)勝木の簡易委託発売は、休止がちでしたが、受託者の交代により、 2003(H15)年7月-11月頃の間は切符の発売をしていました。しかし、2003(H15)年12月以後、 再度発売休止になり、その後、2004(H16)/4/1に簡易委託は解除されました。
(注)矢越の簡易委託発売は、2004(H16)/4/1に中止されました。
(注)北条の簡易委託発売は、2004(H16)/9/1に中止されました。 加治、金塚の簡易委託発売は、2004(H16)年9月に中止されました。 保内の簡易委託発売は2004(H16)年11月に中止されました。 小島谷の簡易委託発売は2004(H16)/12/1に中止されました。 田上の簡易委託発売は、2005(H17)/4/1に中止されました。
(注)北金岡の簡易委託発売は、2005(H17)/5/1に中止されました。
(注)富根の簡易委託発売は、2006(H18)/3/1に中止されました。
(注)越後寒川、信濃森上の簡易委託発売は、2006(H18)/4/1に中止されました。
(注)上境の簡易委託発売は、2006(H18)/7/1に中止されました。
(注)鹿折唐桑の簡易委託発売は、2006(H18)/7/1に休止となり、2006(H18)/8/21に委託解除されました。
(注)羽後四ツ屋の簡易委託発売は、2007(H19)/4/1に中止されました。
(注)徳沢駅の簡易委託発売は、2007(H19)/3以降、自動券売機導入に伴い、一部の高額券のみの発売となっていましたが、 2009(H21)年頃に高額券の発売も中止され、簡易委託発売は終了しました。
(注)院内、三関、上湯沢、下湯沢の簡易委託発売は、2009(H21)/4/1に中止されました。
(注)陸奥沢辺駅の簡易委託発売は、2009(H21)/6/1に中止されました。
(注)後潟駅の簡易委託発売は、2009(H21)/9/1に中止されました。
(注)大釈迦駅の駅前商店での簡易委託発売は、2010(H22)/4/1に中止されました。
(注)細浦駅の簡易委託発売は、2011(H23)/3/11の震災後、発売を停止しておりましたが、 2013(H25)/3/2に大船渡線被災区間のバス転換(BRT)にともない、鉄道駅としての営業が終了しました。
(注)ヤナバスキー場前駅は、2013年度シーズン(H25冬〜H26春)はスキー場休業のため、 切符発売も休止しました。 2014年度シーズンは、別会社によりスキー場の営業が再開されましたが切符発売は中止された模様です。
(注)岩泉駅は、2014(H26)/4/1に廃止されました。
(注)宮守駅の簡易委託発売は、2014(H26)/4/1に中止されました。
(注)本楯駅の簡易委託発売は、2014(H26)/4/1に中止されました。
(注)八幡平駅の簡易委託発売は、2014(H26)/6/1に中止されました。
(注)上今井駅の簡易委託発売は、2014(H26)/8/1に中止されました。
(注)古間駅は、2015(H27)/3/14に第3セクターに転換されました。
(注)鶴泊駅の簡易委託発売は、2015(H27)/4/1に中止されました。
(注)小砂川駅、上浜駅の簡易委託発売は、2015(H27)/11/1に中止されました。
(注)信濃白鳥駅・平滝駅・横倉駅の2017(H29)/4/1以降の発売状況については不明のため各自お確かめください。




     



Copyright(c) 2017 JRの切符収集情報ライブラリー