JRの切符収集情報ライブラリー
[ホームページに戻る]   各社別発売状況クイックリンク: JR北海道 | JR東日本 | JR東海 | JR西日本 | JR四国 | JR九州

ご案内
マルス券収集のすすめ

基礎知識
駅の窓口にある端末の機種紹介
チャレンジ2500駅
切符の用紙の移り変わり
乗車券・料金券などの様式

入場券について
入場券の収集
マルス端末での入場券発券方法
POS端末での入場券発券方法

JR各社の入場券・乗車券発売状況
JR北海道
JR東日本
JR東海
JR西日本
JR四国
JR九州
 


専門資料室
JR 連絡運輸 取扱会社線一覧表
JR 線路名称公告に関しての研究
JR全駅きっぷ収集チェックリスト
民鉄全駅きっぷ収集チェックリスト

リンク・その他
関連サイトへのリンク
謝辞・著作権など

           

- JR西日本の入場券・乗車券 -


発売駅情報 2017/8/1 改訂

概況

JR西日本は、JR東海にあわせて、当初は、新幹線停車駅のみで 入場券の2時間制限を実施していましたが、 平成10年12月から管内全駅で入場券の2時間制限を実施しました。

JR西日本は、 マルス端末・POS端末などの窓口端末の更新が遅い傾向のある会社でした。 ごく最近まで、マルスも、旧型の機種の占める割合が多かったですし、 POS端末にしても、北陸や中国地方などの小駅では、簡易POSと呼ばれる、 車内補充券と同様のペラ券しか発券できない機種を用いており、 定期券・回数券の発行ができないようなPOS端末が使われているなど、 出改札関係への投資は、長らく冷遇されてきた感があります。
しかし、14年以後、状況は急速に変化しつつあります。 JR西日本の窓口機器は、現在、更新時期を向かえつつあるようでして、 小さな「みどりの窓口」設置駅にあった旧機種のS-POS端末にしても、 平成14年前半に、全駅でMR型マルスに更新されました。 これにより、企画券など一部取扱い商品に制限のあった変則的なみどりの窓口駅も、 消滅しています。また、POS端末も、近年まで旧機種を長年使用してきましたが、 14年度に、新型のPOS (B-POS)への更新が行われ、簡易POSは姿を消しました。 また、関西圏でのICカード導入も進められ、 15年度以後、JR西日本でもタッチパネル型のマルス端末が使用されています。
このようなこともあって、 JR西日本の窓口の端末の雰囲気も、近年では、一新されてきています。


各駅の切符発売状況詳細
  • [1] マルス端末設置駅

    JR時刻表に掲載されている、「みどりの窓口」マーク表示のある駅のうち、 有人窓口のある全駅で、 マルス端末発行の入場券を発売してくれます。

    (備考)2008(H20)/3/15に新規開業した、おおさか東線の5駅 (高井田中央、JR河内永和、JR俊徳道、JR長瀬、新加美)については、 出札窓口はありませんが、指定券券売機(MV30端末)にてマルス入場券が購入可能です。


    (注)JR西日本の一部の中小のみどりの窓口駅で利用されていたS-POS端末 (指定券発券機能を付加したPOS端末)は、 2002(H14)年度中にすべてMR型マルス端末に更新されました。
    (注)美浜、三方、上中、若狭本郷、若狭高浜の各駅には、 2003(H15)年2月にMR12型マルス端末が導入されました。
    (注)2003(H15)/4/1に撤去予定だった宮島営業所のMR2型マルス端末は、 しばらくの間、暫定的にMR2端末を使用し続けていましたが、 2004(H16)年12月中旬に撤去され、POS端末を使用するようになりました。
    (注)鳥取大学前には、2003(H15)/6にマルス端末が導入されました。
    (注) 2003(H15)年6月-7月の間に、 (京都支社)唐崎、和邇、城陽、黄蘗
    (大阪支社)安治川口、北伊丹、生瀬、三郷、高井田、東部市場前、松井山手、藤阪、 畠田、志都美、下田(香芝)、浅香、下松、東貝塚、和泉橋本
    (和歌山支社)六十谷
    の各駅にMR12W型マルス端末が導入されました。
    (注) 2003(H15)年8月に 野里、上道、東尾道、早島 の各駅にMR12型マルス端末が導入されました。
    また、2004(H16)年9月に 伯耆大山駅に、MR12型マルス端末が導入されました。
    (注) 2005(H17)/3/28に平城山駅にMR32端末が導入されました。 また、朝霧駅は、2004(H16)/3/1に指定券自動券売機MV端末の導入で、 窓口が閉鎖されていましたが、2005(H17)/4/1より窓口発売が復活しました。
    (注) 高月駅には、2005(H17)/10/16にマルス端末が導入・簡易委託化されました。
    (注) 長滝駅には、2006(H18)/8/27にマルス端末が導入されました。
    (注) 同志社前駅には2007(H19)/1/26に、祝園、熊山、万富の各駅には2007(H19)/2/2に、 備後赤坂駅には2007(H19)/2/7に、長船駅には2007(H19)/2/9に、備中高松駅には2007(H19)/2/15に マルス端末が導入されました。
    (注) 溝口駅には、2007(H19)/7/1にマルス端末が導入されました。
    (注) 矢賀駅には、2007(H19)/7/26にマルス端末が導入されました。
    (注) 藤並駅には、2008(H20)/3/15にマルス端末が導入されました。
    (注) 生山駅には、2008(H20)/4/24にマルス端末が導入されました。
    (注) 稲荷駅、東福寺駅には、2009(H21)/2/16にマルス端末(MR32)が導入されました。
    (注) 余部駅には、2009(H21)/3/1にマルス端末(MR12W)が導入されました。
    (注) 博多南駅では、2010(H22)/4/1より、定期券専用窓口が、みどりの窓口となり、 普通乗車券類の発行も可能になりました。
    (注) 紀三井寺駅には、2014(H26)/11/27よりマルス端末(MR52)が導入されました。
    (注) 新広駅には、2017(H29)/2/4より有人化(簡易委託駅から委託駅に変更)されマルス端末が導入されました。



    「みどりの券売機プラス」について
     平成22年1月30日より、指定券券売機MV30/35に、 リモートオペレーション機能を付加した 「みどりの券売機プラス」の運用が開始されました。 この販売機では、割引証を使った切符の発売や、 一部の変更・払い戻しに、オペレーター操作により対応できるようにしてあります。 窓口がないのに、JR時刻表で「みどりの窓口」駅と表示されているのも、 不思議な感じがするところでもあります。
     また、現在のところ、入場券の発売は、リモートオペレーションでできないようなので、 指定券券売機に入場券ボタンを設置してある駅に限って、 マルス入場券の購入は可能となっています。 幸いなことに、指定券券売機MV自体には、入場券発売機能があり、 JR西日本のメニュー構成では、入場券ボタンは、 「乗車券のみ」のサブメニューの中で、
     「主に新幹線のみ利用」
     「在来線特急・新幹線等を利用」
     「普通(快速)列車のみ利用【当駅からの乗車券】」
    という3種類の乗車券ボタンの下に、4番目として「入場券」が表示される仕組みです。 このため、入場券の発売設定をしても、メニュ項目ーがあふれるものでもありません。

    近年、みどりの券売機プラスが導入された駅においては、 幸いにも入場券ボタンがある場合が多いので、 JR西日本はお客様の小さな要望に対しても、 きめ細かな対応をしているという印象を受けます。 ただ、最初に導入された神戸支社の2駅(甲南山手、須磨)と 平成27年春に新規導入された大阪支社・神戸支社管内の駅においては、 入場券ボタンがないままの状況が続いており、きめ細かな配慮を、お願いしたいところです。

    みどりの券売機プラスが導入されている駅の一覧
    (窓口と併設されている駅は、記載省略)
    京都支社 稲枝、能登川、篠原、比叡山坂本
    大阪支社 桜ノ宮、安治川口、桜島、海老江、北伊丹、加茂、平城山、郡山、三郷、高井田、東部市場前、 祝園、同志社前、藤阪、津田、 美章園、南田辺、長居、浅香、三国ヶ丘、百舌鳥、津久野、富木、北信太、信太山、下松、東貝塚、和泉橋本
    神戸支社 甲南山手、摩耶、須磨、曽根、ひめじ別所、御着、東姫路、英賀保、はりま勝原
    米子支社 鳥取大学前、宍道

    (注) 甲南山手駅、須磨駅には、2010(H22)/1/30より、みどりの券売機プラスが導入され、 窓口営業は終了しました。
    (注) 能登川駅には、2012(H24)/4/1より、みどりの券売機プラスが導入され、 窓口営業は終了しました。入場券の購入も可能です。
    (注) 津久野駅には、2012(H24)/4/1より、みどりの券売機プラスが導入されました。 また、2012(H24)/4/16より窓口発売は終了しました。入場券の購入も可能です。
    (注) 京橋駅(西口)には、2014(H26)/2/1より、みどりの券売機プラスが導入され、西口の窓口営業は終了しました。 なお、東口に窓口が残存しているため、西口のみどりの券売機プラスには入場券ボタンはありません。
    (注) 京都駅(地下東口)には、2014(H26)/2/1より、みどりの券売機プラスが導入されました。 また、2014(H26)/5/12より窓口発売は終了しました。入場券の購入も可能です。
    (注) 比叡山坂本駅、曽根駅、はりま勝原駅には、2014(H26)/2/1より、みどりの券売機プラスが導入されました。 入場券の購入も可能です。
    (注) 百舌鳥駅には、2014(H26)/2/6より、みどりの券売機プラスが導入されました。入場券の購入も可能です。
    (注) 富木駅には、2014(H26)/2/8より、みどりの券売機プラスが導入されました。入場券の購入も可能です。
    (注) 三郷駅には、2014(H26)/2/14より、みどりの券売機プラスが導入されました。入場券の購入も可能です。
    (注) 郡山駅には、2014(H26)/2/15より、みどりの券売機プラスが導入されました。入場券の購入も可能です。
    (注) 高井田駅には、2014(H26)/2/21より、みどりの券売機プラスが導入されました。入場券の購入も可能です。
    (注) 三国ヶ丘駅には、2014(H26)/5/26より、指定券券売機にみどりの券売機プラス機能が追加され、 みどりの窓口設置駅の扱いとなりました。入場券の購入も可能です。
    (注) 和泉橋本駅には、2015(H27)/2/26より、みどりの券売機プラスが導入されました。
    (注) 安治川口駅、桜島駅、東部市場前駅、同志社前駅、藤阪駅、津田駅、美章園駅、南田辺駅、 長居駅、信太山駅には、2015(H27)/3/9より、みどりの券売機プラスが導入されました。
    (注) 宍道駅には、2015(H27)/3/9より、みどりの券売機プラスが導入され、2015(H27)/3/14より窓口発売が中止されました。
    (注) ひめじ別所駅、御着駅、英賀保駅には、2015(H27)/3/14より、みどりの券売機プラスが導入されました。
    (注) 祝園駅、浅香駅には、2015(H27)/5/1より、みどりの券売機プラスが導入されました。
    (注) 篠原駅には、2015(H27)/9/19より、みどりの券売機プラスが導入されました。
    (注) 桜ノ宮駅には、2016(H28)/6/1より、みどりの券売機プラスが導入されました。
    (注) 北信太、東貝塚駅には、2016(H28)/6/15より、みどりの券売機プラスが導入されました。
    (注) 加茂駅には、2016(H28)/6/27より、みどりの券売機プラスが導入されました。
    (注) 海老江駅には、2016(H28)/6/28より、みどりの券売機プラスが導入されました。
    (注) 平城山駅には、2016(H28)/7/13より、みどりの券売機プラスが導入されました。
    (注) 北伊丹駅には、2016(H28)/7/22より、みどりの券売機プラスが導入されました。
    (注) 阪和線下松駅には、2016(H28)/7/29より、みどりの券売機プラスが導入されました。
    (注) 鳥取大学前駅には、2016(H28)/10/1より、みどりの券売機プラスが導入されました。
    (注) 稲枝駅には、2016(H28)/12/11より、みどりの券売機プラスが導入されました。入場券の購入も可能です。


    JR西日本のマルス端末種別について
    JR西日本のマルス端末は、MR32,MR52端末が主力として使われています。
    平成15年に、大阪圏のマルス端末に、MR12W端末が導入され、 JR西日本では初のタッチパネル操作の機種となりました。 しかし、16年度以後から、MR32端末の導入が開始され、 MR12W端末は、短期間の導入におわりました。 JRのみどりの窓口では最近まで転写印刷のマルスが使われていたJR西日本ですが、 平成25-26年の時期に、MR12W端末の駅は大部分がMR32/52端末に更新されました。

    指定券券売機(MV端末)について
    JR西日本の指定券券売機は、トップ画面が、ボタンの大きさなどを 重要度に応じて大小の違いをつけたり、適宜アイコンなどをつけることで、 非常に見やすい画面構成となっており、JR各社の指定券売機の中では、 最初の事例でした。  払い戻し・普通回数券の機能は、ありませんが、現状のMV端末の 払い戻し機能は、「購入直後の買い間違い払い戻し」にしか対応して いない状況をみますと、機能限定の払い戻しメニューはないほうが、 混乱を防げます。普通回数券にしても85mmサイズの大型券で購入したい という要望は、それほど多くないような気がします。
     JR西日本のMV端末において、「入場券」ボタンは、「乗車券のみ」ボタン と統合されていることが、特徴です。  一部の新幹線単独駅では、トップ画面に登録されていることも ありますが、基本的には、「乗車券のみ」のボタンの中に 「主に新幹線のみ利用」、 「在来線特急・新幹線等を利用」、 「普通(快速)列車のみ利用【当駅からの乗車券】」 という、基本となる3種類の乗車券サブメニューに加えて、 4番目のサブメニューとして「入場券」が用意されております。  入場券の発売機能をONにすると、「乗車券のみ」におけるサブメニューにおける、 4番目のサブメニューとして用意されていた「入場券」ボタンが現れます。  この方法のメリットは、入場券ボタンを単独に用意する必要がないため、 入場券ボタンをONにしても、OFFにしても、それほど大きな画面変更がなく、 単純に発売する・しないの観点だけの判断で、ON・OFFを決定できることです。
     この他の特徴としては、「乗車券のみ」のメニューで、 普通列車のみ利用の場合には、当該駅からの当日有効開始の切符のみが 購入可能となっております。 新幹線・特急列車等を利用の場合のみ、 事前発売や他駅出発の乗車券購入が可能となっています。

    指定券券売機で入場券の購入が可能である駅
    (指定券券売機設置駅につきましては、数が多いため記載を省略しました。 JR西日本のおでかけネットのサイトを参照してください。)
    金沢支社 金沢、新高岡、富山、黒部宇奈月温泉、糸魚川、敦賀、武生、鯖江、小松、松任
    京都支社 米原、彦根、河瀬、稲枝、能登川、近江八幡、篠原、野洲、守山、草津、南草津、瀬田、石山、膳所、大津、山科、 京都、西大路、桂川、向日町、長岡京、島本、高槻、摂津富田、茨木、千里丘、吹田、 比叡山坂本、長浜、二条、亀岡
    大阪支社 新大阪、高井田中央、JR河内永和、JR俊徳道、JR長瀬、新加美、郡山、三郷、高井田、 長尾、三国ヶ丘、百舌鳥、津久野、富木
    神戸支社 新神戸、西明石、曽根、姫路、はりま勝原、相生
    岡山支社 岡山、新倉敷、福山、新尾道
    広島支社 三原、東広島、広島、新岩国、徳山、新山口
    福岡支社 小倉、博多

    JR西日本のマルス入場券の例
    マルス端末で発行した入場券の例




  • [2] POS端設置駅

    JR西日本の場合、みどりの窓口がない駅員配置駅では、小さな駅であっても、 殆んどの場合、POS端末が導入されています。また、一部の簡易委託駅にも、 POS端末が導入されています。

    平成21年秋より、JR西日本各地の駅において、 発券プリンタが従来の転写型から感熱型の新型POSに切り替えられました。 MR32の発券プリンタと同種の機械を用いていますが、発券機部分のみで、 定期券申込書等の読み込みユニットは接続していないため、 コンパクトな感じです。

    POS端末発行券の特徴について
    POSで発行した入場券の例
    新型POSは、マウスを使って操作するパソコンから成る端末で、 POSの入場券の様式も、平成14年まで使用していた旧型POS入場券に比べると、微妙に異なります。 以下に、例を示します。

    この切符を見てわかるように、駅名の字の大きさは、ほぼ従来のPOSと同様ですが、 一番、奇妙なところは、会社記号の[西]というのが、切符の左上端ではなく、 切符の真中(右寄り)にきているところです。

    JR各社の旅客営業規則・規程(JR東では基準規程181条-10。 おそらくJR西でも同様の規程があるはず)にも記載されているように、 この[西]マークは、 特別の理由がない限りは、切符の券面表面の左上端の付近にあるべきです。 事実、旧型POSの時には正しい位置にありましたから、新型POSにおいて、 わざわざ変な位置にずらす積極的な理由は、思い付きません。 そのような状況からすると、14年度に導入された新POSの会社識別マーク位置は、 変な気がします。


    POS端末設置駅一覧表

    POS端末が設置されている駅
    金沢支社 今庄、南条、森田、春江、丸岡、加賀笠間、野々市、 東小浜、若狭和田、九頭竜湖、本津幡、高松、宝達、能登部、良川、 越中中川、戸出、城端
    京都支社 蓬莱、志賀、比良、近江舞子、北小松、近江高島、新旭、マキノ、 虎姫、八木、千代川、甲賀、寺庄、甲南、甲西、石部、手原、 玉水、山城青谷、長池、新田、桃山、JR藤森
    大阪支社 関、柘植、新堂、佐那具、島ヶ原、月ヶ瀬口、大河原、笠置、 河内堅上、大住、御所、吉野口、東佐野
    和歌山支社 高野口、笠田、名手、粉河、打田、 古座、切目、印南、紀伊内原、 紀伊由良、紀伊宮原、初島、下津、加茂郷、黒江
    神戸支社 有年、厄神、粟生、西相生、坂越
    福知山支社 石生、黒井、市島、仁豊野、甘地、生野、新井、竹田、 日吉、和知、梁瀬、養父、竹野
    岡山支社 林野、久世、中国勝山、 日生、金川、亀甲、石蟹、駅家、美作加茂
    米子支社 江尾、岩美、湖山、宝木、浜村、青谷、 由良、浦安、赤碕、揖屋、乃木、玉造温泉、 江南、仁万、温泉津、三保三隅、津ノ井、 加茂中、出雲大東、出雲三成、出雲横田、石見川本、粕渕
    広島支社 寺家、和木、藤生、通津、岩田、櫛ヶ浜、大道、埴生、 備後庄原、甲立、安芸津、天応、呉ポートピア、梅林、 玖珂、周防高森、阿知須、 徳佐、日原、江崎、須佐、奈古、滝部、小串、綾羅木

    (注) 2000(H12)年3月に、新疋田駅は無人化されました。2000(H12)年春より、今庄、南条、森田、丸岡、動橋、青海、名立の各駅は簡易委託駅となりました。 加賀笠間、生地の各駅は、2000(H12)年3月に一旦無人化されましたが、2001(H13)年度以降に簡易委託として窓口発売が復活しました。
    (注) 本津幡、宝達、能登部、良川、戸出、福野、福光、越中中川、笠置、柘植、周参見の各駅は、2001(H13)/3/3〜2001(H13)/4/1から簡易委託駅に変更されました。
    (注) 淀江駅は、2001(H13)/7/7に無人化されました。松崎駅は、2001(H13)/7/7から簡易委託駅に変更されました。
    (注) 加茂中、出雲横田の各駅は、2001(H13)/10/1から簡易委託駅に変更されました。
    (注) 平岩、櫟本、柳本、三輪の各駅は、2002(H14)/3/23に無人化されました。
    (注) 妙寺、居能の各駅は、2002(H14)/4/1に無人化されました。
    (注) 御所、古座、備後庄原、玖珂、周防高森、阿知須、床波、東新川、琴芝の各駅は、2002(H14)/3/23〜2002(H14)/4/1から簡易委託駅に変更されました。
    (注) 荘原、用瀬の簡易委託発売は、両駅とも2002(H14)年に一時停止の後、2003(H15)年春までに解除されました。
    (注) 東小浜、丸尾の各駅は、2003(H15)年春に、POS端末が導入されました。
    (注) 忠海駅は、2003(H15)/5/1から簡易委託化されました。これに伴い、マルス端末は撤去され、現在ではPOS端末が使われています。
    (注) 安芸津駅は、2003(H15)/10/1から簡易委託化されました。これに伴い、マルス端末は撤去され、現在ではPOS端末が使われています。
    (注) 仁方駅は、2003(H15)/10/1に無人化されました。
    (注) 椿駅は、2003(H15)/11/1に無人化(簡易委託廃止)されました。
    (注) 宇部岬駅は、2003(H15)/12/11から簡易委託駅となり、窓口発売が復活しました。
    (注) 備前一宮、東総社は、2004(H16)/4/1に無人化されました。
    (注) (陽)島田は、2004(H16)/4/1に無人化されました。 岩田、大道の各駅は、2004(H16)/4/1から簡易委託駅に変更されました。
    (注) 石蟹駅には、2004(H16)/6にPOS端末が導入されました。
    (注) 温泉津駅は、2004(H16)/7/1から簡易委託駅に変更されました。
    (注) 竹田駅には、2004(H16)/8/1にPOS端末が導入されました。
    (注) 浜原駅は、2005(H17)/3/29に無人化(簡易委託廃止)されました。
    (注) 粕渕駅には、2005(H17)/4/1にPOS端末が導入されました。
    (注) 後藤、都野津、柳井港、福川、吉見、安岡の各駅は、2005(H17)/4/1に無人化されました。
    (注) 大山口駅は、2006(H18)/3/29に無人化(簡易委託廃止)されました。
    (注) 久世駅には、2006(H18)/4/1にPOS端末が導入されました。
    (注) 甲賀駅は、2006(H18)/4/1 から簡易委託駅に変更されました。
    (注) 虎姫駅は、2006(H18)/4/21から簡易委託駅に変更されました。
    (注) 山中渓駅は、2007(H19)/4/1から無人化(簡易委託廃止)されました。
    (注) 七軒茶屋駅は、2008(H20)/3/15に無人化されました。
    (注) 名立駅は、2008(H20)/4/1に無人化(簡易委託廃止)されました。
    (注) 滝部駅は、2008(H20)/4/1から簡易委託駅に変更されました。
    (注) 動橋駅は、2009(H21)/4/1から無人化(簡易委託廃止)されました。
    (注) 万能倉駅、新市駅は、2009(H21)/4/1から無人化されました。
    (注) 寺庄駅は、2011(H23)/4/1から簡易委託駅に変更されました。
    (注) 川棚温泉駅は、2011(H23)/4/1から無人化(簡易委託廃止)されました。
    (注) 福渡駅は、2011(H23)/6/1から無人化されました。
    (注) 丸尾駅、床波駅、宇部岬駅、東新川駅、琴芝駅は、2012(H24)/10/1から無人化(簡易委託廃止)されました。(発売は9/28まで)
    (注) 亀甲駅には、2012(H24)/10/1からPOS端末が導入されました。
    (注) 人丸駅は、2015(H27)/1/1から無人化(簡易委託廃止)されました。
    (注) 松崎駅は、2015(H27)/3/31から無人化(簡易委託廃止)されました。
    (注) 二塚駅は、2015(H27)/10/1から無人化されました。
    (注) 忠海駅は、2016(H28)/4/1から無人化(簡易委託廃止)されました。
    (注) 三石駅、吉永駅は、2016(H28)/6/1から無人化されました。
    (注) 小屋浦駅は、2017(H29)/1/28から無人化されました。
    (注) 寺家駅は、2017(H29)/3/4に開業し、POS端末が導入されました。

    (備考) 鉄道の駅ではありませんが、宮島航路宮島にもPOS端末があり、 POS発行の入場券の購入が可能です。
    (備考) 奈良線の上狛、棚倉の両駅は、従来、地元の案内係員が詰めていましたが、 切符は自動販売機扱いでした。 しかし、近年、案内窓口にPOS端末が導入され、 定期券・回数券に限って委託発売を行うようになりました。 残念ながら、普通乗車券などの発売は一切行っていないため、 現在のところ、入場券の購入はできません。 (POSが定期券・回数券専用端末として使われているため、本サイトでは、 POS端末設置駅としては扱わないことにしてあります。)

    (備考)上記に掲載のPOS端末設置の各駅において、入場券の購入が可能です。



    POS券の種別について
    JR西日本のPOS端末の切符は、MR32端末で使われている用紙と同様の、 青色(光反射塗料がついている磁気券)の用紙を用いています。

  • [3] 自動券売機の入場券のみ発売している駅

    北陸本線坂田駅、田村駅、河毛駅、 山陰本線保津峡駅、吉富駅、 草津線油日駅、奈良線上狛駅、棚倉駅、山城青谷駅は、 入場用自動改札機が設置されている無人駅、 もしくは簡易委託駅となっており、自動券売機にて入場券が購入可能です。


    (注) 島田駅、仁方駅、居能駅は、2007(H19)年春ころまでは、自動券売機で入場券の購入が可能でしたが、 自動券売機更新に伴い、入場券の購入は出来なくなりました。
    (注) 能町駅は、2007(H19)年ころまでは、自動券売機で入場券の購入が可能でしたが、 自動券売機更新に伴い、入場券の購入は出来なくなりました。
    (備考) 2008(H20)/3/15開業のおおさか東線の新駅5駅につきましては、 出札窓口はありませんが、指定券券売機にてマルス入場券が購入可能です。
    (備考) 2008(H20)/3/15開業の西川原駅は、委託係員が、 朝と夕方に集改札業務を行いますが、出札窓口もPOS端末もなく、 自動券売機にも入場券ボタンはありません。

  • [4] 私鉄に委託されている駅

    以下の各駅は、駅員配置駅扱いですが、私鉄に委託されているために、 JRの様式に基づく入場券は発売していません。

    金沢支社津幡、高岡

    (注) 三国ヶ丘駅は、2013(H25)/9/7より南海とJRの駅舎分離にともない、 南海電鉄への改札業務委託が終了しました。 改札分離直後は、仮駅舎での営業となっており、 指定券券売機(mv)及び近距離券売機ともに 入場券ボタンがないままの状態が続いておりましたが、 現在では入場券ボタンが設置されています。
    (注) 七尾線津幡駅、城端線高岡駅は、2015(H27)/3/14の北陸本線金沢-直江津間の第3セクター化に ともない、私鉄各社に委託されました。窓口端末・自動券売機にて各私鉄仕様の入場券を発売しています。
    (注) 和歌山市駅は、2017(H29)/7/15より南海電鉄と改札が分離され、 無人駅(自動改札遠隔制御)となりました。 これにともない、南海電鉄窓口におけるJR遠距離常備券・JR用入場券(南海仕様)の発売は 中止された模様です。

POS端末が導入されていない簡易委託駅の切符発売状況

POS端末が導入されていない簡易委託駅では、 手売りの大型券の乗車券を発売していますが、 近年、携帯型車内券発行機(車発機)を設置して、 橙色のレシート券みたいな乗車券を発売する駅が増えてきました。 以下には、切符の例を示します。

手売りの切符
金額式の券駅名式の券

なお、携帯型車内券発行機では、入場券の発券が可能ですので、 携帯機が設置されている大部分の簡易委託駅では、 頼めば入場券の発売をしてくれます。 もっとも、携帯機の切符は、橙色のレシートみたいな感熱用紙の切符ですけれど...
以下には、携帯機で発行した入場券の例を示します。


以下には、簡易委託駅における携帯型車内券発行機の導入状況 及び手売り券の発売駅のリストを示します。
携帯型車内券発行機が導入されている簡易委託駅
(臨時職員派遣による携帯機での発売駅は除外してあります。)
金沢支社 大鳥羽、加斗、青郷、雨晴
京都支社 余呉、近江塩津、永原
岡山支社 伊里、備前片上、弓削、美作土居、美作江見、勝間田、美作落合、 井倉、野馳、東城、小奴可
米子支社波子
広島支社 備後西城、上下、雀田

(注)駅名の下に下線が引いてある駅は、駅前の商店・個人宅などでの発売です。 駅の中では発売していません。
(注)方谷駅は、2002(H14)/4に車発機が導入されました。
(注)青郷駅は、2002(H14)/4/10に車発機が導入されました。
(注)三良坂駅は、2004(H16)/4/1に無人化(簡易委託廃止)され、車発機での発売は終了しました。
(注)美作千代駅は、2004(H16)/4/1に無人化(駅前での簡易委託廃止)され、車発機での発売は終了しました。
(注)東城駅は、2001(H13)/3/3に無人化されましたが、2004(H16)年10月下旬より簡易委託駅として切符発売が復活しました。
(注)塩町駅は、2005(H17)/4/1に無人化(簡易委託廃止)され、車発機での発売は終了しました。
(注)西片上駅は、2006(H18)/8/1に無人化(簡易委託廃止)され、車発機での発売は終了しました。
(注)木野山駅は、2006(H18)/10に車発機が導入されました。
(注)美袋駅は、2007(H19)/4/1に無人化(簡易委託廃止)され、車発機での発売は終了しました。
(注)備後矢野駅、甲奴駅、吉舎駅は、2008(H20)/4/1に無人化(簡易委託廃止)され、車発機での発売は終了しました。
(注)河毛駅は、2008(H20)/10/1より自動券売機が導入され、簡易委託による車発機での発売は終了しました。
(注)上川立駅は、19年頃より車発機での乗車券の発売は中止され、回数券のみの委託発売となっています。
(注)常盤駅は、2008(H20)/12/30に無人化(簡易委託廃止)され、車発機での発売は終了しました。
(注)建部駅は、2010(H22)/8/1に無人化(簡易委託廃止)され、車発機での発売は終了しました。
(注)木野山駅は、2010(H22)/4/1に無人化(駅前商店での簡易委託廃止)され、車発機での発売は終了しました。
(注)刑部駅は、2011(H23)/4/1に無人化(簡易委託廃止)され、車発機での発売は終了しました。
(注)月田駅は、2011(H23)/6/1に無人化(簡易委託廃止)され、車発機での発売は終了しました。
(注)方谷駅の委託発売(車発機)は、28年12月時点においても簡易委託契約は続いていますが、2013(H25)/4以降は販売休止中となっている状況です。
(注)美作滝尾駅の駅前JAでの委託発売(車発機)は、2013(H25)/6/1に中止されました。

(備考)17年3月頃より、JR西日本の車内補充券発行機は、新型に更新されましたが、 入場券の様式などには殆ど変化はありません。

軟式手売り券を発売している簡易委託駅
(端末設置駅はリストから除外)
神戸支社三日月
岡山支社 富原
米子支社 河原、因幡社、日登、下久野、出雲八代、亀嵩、八川
広島支社 篠目三谷南中川厚保福江

(注)駅名の下に下線が引いてある駅は、駅前の商店・個人宅などでの発売です。 駅の中では発売していません。
(注)市岡駅の駅前商店での簡易委託発売は、2001(H13)年に中止されました。
(注)津山口駅、湯田村駅、戸手駅、鵜飼駅の駅前商店での簡易委託発売は、 2002(H14)年に中止されました。
(注)特牛駅は、2002(H14)年2月より、簡易委託発売が再開しました。 列車の発着時間帯には、駅待合室の中で発売していますが、 正規の発売場所は駅前発売所であるため、上表では、駅前扱いとしておきます。
(注)来待駅の簡易委託発売は、2002(H14)/11/1に中止されました。
(注)風早駅の駅前発売所での委託発売契約は、休止状態が続いた後、2003(H15)/10/1に解除されました。
(注)備前三門の駅前商店での簡易委託発売は、15年9月に中止されました。
(注)佐良山駅の駅前商店での簡易委託販売は、平成16年以降休止状態が続いた後、2006(H18)/7/1に解除されました。
(注)入野では、回数券のみ簡易委託発売をしていましたが、2005(H17)/4に中止されました。
(注)於福駅の駅前商店での簡易委託発売は、17年4月頃に中止されました。
(注)黒坂駅の簡易委託発売は、2006(H18)/4/1に中止されました。
(注)豪渓駅の駅前商店での簡易委託発売は、2006(H18)/4/1に中止されました。
(注)上八木駅の駅前商店での簡易委託発売は、2006(H18)/7/1に中止されました。
(注)萩駅、玉江駅のキヨスク売店での簡易委託発売は、2006(H18)/10/1に中止されました。
(注)備中広瀬駅の駅前商店での簡易委託発売は、2006(H18)/11/1に中止されました。
(注)長門二見駅の駅前商店での簡易委託発売は、2007(H19)年3月頃に中止されました。
(注)神代駅の駅前商店での簡易委託発売は、2007(H19)/3/17に中止されました。
(注)狩留家駅の簡易委託発売は、2007(H19)/4/1に中止されました。
(注)比婆山駅、山ノ内駅、八次駅、河佐駅、備後安田駅の駅前商店での簡易委託発売は、 2008(H20)/4/1に中止されました。
(注)敷浪駅の簡易委託発売は、2008(H20)/7/1に中止されました。
(注)黄波戸駅の駅前旅館での簡易委託発売は、2010(H22)/7/1に中止されました。 (平成19年頃以降、旅館が廃業していたため、切符購入が事実上困難な状態でした。)
(注)尾関山駅の駅前商店での簡易委託発売は、2010(H22)/8/1に中止されました。
(注)丹治部駅の駅前理髪店での簡易委託発売は、2009(H21)年春以降不定期販売となり、2011(H23)/3/1に中止されました。
(注)楢原駅の駅前商店での簡易委託発売は、2011(H23)/4/1に中止されました。
(注)草江駅の駅前商店での簡易委託発売は、2011(H23)/11/4に中止されました。
(注)誕生寺駅の駅前商店での簡易委託発売は、2011(H23)/12/1に中止されました。
(注)湯ノ峠駅の駅前商店での簡易委託発売は、2012(H24)/4/1に中止されました。 (2010(H22)年頃以降から、店舗の営業が不定期となっていたため、切符購入が困難な状態でした。)
(注)南大嶺駅の駅前商店での簡易委託発売は、2012(H24)/4/1に中止されました。
(注)長門湯本駅の駅前商店での簡易委託発売は、2012(H24)/4/1に中止されました。 (末期の頃は、商店が月に数回程度しか営業していなかったため、切符購入が非常に困難な状態でした。)
(注)長門大井駅の駅舎内理容店での簡易委託発売は、2012(H24)/4/1に中止されました。 (末期の頃は、切符の在庫が常に僅少な状態であったため、切符購入が困難な状態でした。)
(注)阿川駅の駅前商店での簡易委託発売は、2012(H24)/4/1に中止されました。
(注)備後八幡駅の駅前郵便局での簡易委託発売は、2012(H24)/4/28に中止されました。
(注)周防佐山駅の駅前商店での簡易委託発売は、2012(H24)/6/1に中止されました。
(注)須波駅の駅前商店での簡易委託発売は、2012(H24)/12/1に中止されました。
(注)王子保駅の簡易委託発売は、2014(H26)/4/1に中止されました。
(注)長門三隅駅の駅前商店での簡易委託発売は、2014(H26)/4/1に中止されました。
(注)伯耆溝口駅、幡屋駅の簡易委託発売は、2015(H27)/4/1に中止されました。
(注)特牛駅の駅前発売所での簡易委託発売は、2015(H27)/6/1に中止されました。
(注)備中川面駅の駅前商店での簡易委託発売は、2017(H29)/2/23に中止されました。 (末期の頃は、商店が不定期営業となり、非常に購入しづらい状況となっていました。
(注)矢神駅の駅前商店での簡易委託発売は、2017(H29)/3/1に中止されました。
(注)岸本駅の簡易委託発売は、2017(H29)/4/1に中止されました。

(備考) 志和地駅の駅前商店での簡易委託発売の現状につきましては不明のため各自ご確認ください。
(備考) 吉田口駅は、2009(H21)年頃より発売休止となっておりますが、現状につきましては各自ご確認ください。
(備考) 福江駅の駅前商店での簡易委託発売は、2012(H24)年秋でも委託契約は継続していましたが、 店舗の休業日が多い状況ですので、ご注意ください。
(備考) 上石見駅の駅舎内飲食店での簡易委託発売は、2017(H29)年1月より休止となり、 店舗も同年4月より閉店したため、乗車券を購入することはできなくなりました。 ただ、後継店舗の可能性を含め、駅舎の今後の利用方法については未定のため、 簡易委託契約についても当面は継続しているままの模様です。

     


Copyright(c) 2017 JRの切符収集情報ライブラリー